コンテンツマーケティング(SNS、オウンドメディア) の最新情報をわかりやすく伝えるブログ
  • twitter
  • facebook
  • お問い合わせ

LINEの新機能「OpenChat(オープンチャット)」登場!普段と違うプロフィールで最大5,000人と同時に会話できる!

lineopenchat
  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
8月19日、突如リリースされたLINEの新機能「OpenChat」。

どんなことができるのでしょうか。

この記事では新サービス「LINEOpenChat」の基本的な機能や現在の状況について紹介します。




1.LINE OpenChatとは

  • グループトークの拡張版
  • 知らない人と色んなテーマで会話ができる
  • ふだんとは違うプロフィールでトークに参加できる
  • 最大5,000人とコミュニケーション可能
  • トークルームは公開・非公開が選べる

 

特徴をざっと5つ並べました。

これまでのLINEが「メール・電話の代わり」的位置づけだったことを考えると、かなり衝撃的な内容です。

インターネット黎明期に流行した「掲示板」「チャット」に近いものを感じます。

 

 

2.LINEOpenChat、どう使う?

(1)LINE以外の知り合いとトークする

LINE以外で繋がっている知り合い(TwitterなどのSNSやオンラインコミュニテイなど)とトークをしたい場合、OpenChatのトークルームをURLやQRコードで共有すれば招待が可能です。

 

(2)トークルームごとにニックネームを変える

学校、サークル、職場、SNSなど、それぞれの集まりに合わせて名前やプロフィール画像を設定できます。

職場のトークルームでは本名、SNS仲間とのトークルームではTwitter名に、といったことが可能です。

 

(3)友達以外の人と共通の話題で楽しむ

OpenChatトップページに行くと、いろんなカテゴリのトピックが並んでいます。

ここから自分が興味のあるトークルームに参加し、知らない人と交流することが可能です。

 

 

3.実際にトークルームを作ってみた

スクリーンショット 2019-08-21 9.35.37

 

私デジオも実際にトークルームを作ってみました。

 

作成時には

・トークルーム名

・アイコン画像

・トークルームの概要

・カテゴリ

・検索の可否

を選択できます。

 

今回はトークルームを一般公開した状態です。

身内だけのやりとりをしたい場合はトークルームを「非公開」にする必要があります。

 

 

4.まだまだ心配な面も

(1)リリース翌日の8月20日の状況

スクリーンショット 2019-08-21 9.39.28

 

一般公開のトークルームをのぞいてみました。

数百人の人が集まってトークを繰り広げ、人の出入りも激しい。

普段使っている身内でのLINEとはぜんぜん違う光景です。

 

ちなみにこの後、スタンプの連続投稿をするユーザー(荒らし)が出現し大変な状況になりました。

 

(2)リリース翌々日(8月21日9:00)の状況

スクリーンショット 2019-08-21 9.24.45

 

OpenChatを開くと、何も表示されな状態に。

荒らし行為が多発したため、メンテナンスに入ったようです。

今後、荒らしや違反行為にはLINE側も厳しく対処し、最悪の場合荒らしユーザーのLINEアカウント削除もあり得るとのこと。

 

治安の持ち直しに期待したいですね。

 

 

5.おわりに

LINE OpenChatの今後は?

lineopenchat

http://openchat-blog.line.me/

 

現在LINE OpenChatはサービスとして未完成の状態です。

これから機能を充実させていくと公式ブログでもリリースがありました。

 

企業の公式アカウントでトークルームを作ることができたりすれば、ファンとの交流の場、マーケティングの情報収集の場として大いに活用できそうです。

 

また新しい情報が入ったら、デジログでもお伝えします。

 

(参考)

http://openchat-blog.line.me/

http://official-blog.line.me/ja/archives/79902633.html

メールで更新情報を受け取るメールアドレスを登録していただくと
「デジログ」の更新情報が届きます!
Facebook、Twitterでも更新情報を発信中!