コンテンツマーケティング(SNS、オウンドメディア) の最新情報をわかりやすく伝えるブログ
  • twitter
  • facebook
  • お問い合わせ

求人広告を出しているのになぜ人材確保ができないの? “欲しい人材”を確保する方法を紹介!

Woman working overnight with tablet pc and sitting on bed
  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
求人広告を出したのに
「効果が薄い」「欲しい人材から応募がない」
と人材確保の難しさを感じている。
そんな採用担当者の方が多いのではないでしょうか。
広告費用は上がるばかり・・
でも、人材の質に妥協したくない・・とお悩みではありませんか。
今回は、今注目されている『採用動画』について。
採用動画はなぜ人気なのか?なぜ今採用動画が選ばれるのか?
詳しく解説します!

 

「愛着」「共感」が人材確保のキーワード

  採用動画が注目される理由

image-32

難しく考えなくて大丈夫です!

答えはとてもシンプル。

情報量の多さです!

動画1分間の情報量は、文章の3,600ページに相当すると言われ、短時間で会社の魅力を伝えることが可能なんです。

 

企業名が認知されると…

スクリーンショット 2019-08-09 14.09.44

さらに!動画により関心を持ったユーザーは『企業名での検索』という次のアクションを実施。

『企業名で検索』してWebサイトを訪れた人は、一般検索と比べ4倍以上も応募率が高いというデータもあります。

恐るべし『動画』採用広告。

 

 

 動画内容は社員インタビューがオススメ

スクリーンショット 2019-08-09 14.11.40

「動画の中で印象に残っているコンテンツはなんですか?」と尋ねたところ、社員インタビュー動画が最も印象に残るという回答が多いことがわかりました。

社員インタビューで入社後の自分を想像し、疑似体験しているように感じます。

また、採用動画を会社説明会で流すということも可能です。

会社説明会に参加するのが難しい方には、自社採用サイトに掲載するという方法もオススメ!

 

求職者が「24時間365日」好きなタイミングで採用サイトに訪れて閲覧できるのもメリットの1つです。

  

理想の動画の長さは2分

注意すべき点があります。

採用動画は長くても短くてもダメ。

「エンゲージメント」(日本語で愛着・共感)を得られる動画の尺は2分といわれています。

ただ動画を作ればいい!ということではなく数値に基づいた見られる動画を作ることが重要です。

 

 

 

詳細ターゲットを絞れる動画広告

Rear view of businesswoman pointing at drawn target

制作した採用動画を求職者に届ける方法。

それは『YouTube動画広告』。

『動画広告』聞くだけでもう難しそう…と思う方も多いかと思います。

日本国内で『Youtube』の利用者は何人いると思いますか?

 

現在、国内の利用者は6,200万人以上、国内ユーザーは全年代平均で66.7%に達しています。

その莫大な数の利用ユーザーから「年齢」「性別」などのユーザー属性、「地域」「興味関心」「キーワード」だけでなく「曜日」「時間帯」までをも設定して広告配信することが可能!

 

 

『YouTube動画広告』と『TVCM』と大きく異なるところは上述のとおり詳細な「ターゲティング」ができること!

例えば、化粧品のCMは20代~40代の女性のみに配信。

赤ちゃん用品のCMであれば0歳~3歳の子を持つ親のみに配信など、ユーザー属性にあわせた配信が可能になります。

 

『YouTube』は、ユーザー規模が大きいこともあり、細かいターゲティングをしても一定のリーチを獲得することが出来ます。

このような背景から『人材確保』を目的として『YouTube広告』を利用をする企業は今後も増えることが予想されます。

 

まとめ

Woman working overnight with tablet pc and sitting on bed

実際に活躍している社員の顔を見ることは、応募への不安や迷いを取りのぞくことができます。

また、社員インタビューを通じて職場の雰囲気をみせることで

「思っていたイメージと違った」というミスマッチを減らすこともできます。

 

弊社は、設立6年目の30名程度の会社ですが、この1年間で389名の応募がありました。

募集がくるそのノウハウだけでなく、自社にて『動画制作』も可能!

 

その後の、Web広告を使った採用プロモーションを全て一貫しておこなうことができます。

人材採用、確保が難しいとお悩みであれば、お気軽にお問い合わせください

メールで更新情報を受け取るメールアドレスを登録していただくと
「デジログ」の更新情報が届きます!
Facebook、Twitterでも更新情報を発信中!