コンテンツマーケティング(SNS、オウンドメディア) の最新情報をわかりやすく伝えるブログ
  • twitter
  • facebook
  • お問い合わせ

最近よく聞く「リファラル採用」なぜいま広がってるの?メリットとデメリットを解説!

Rear view of a group of friends hugging - isolated over a white background
  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする

「リファラル採用」は、いわゆる自社に在職している人が知人を紹介・推薦する採用方法。

「コネ採用」や「縁故採用」であれば無条件で入社できるイメージですが、リファラル採用は他の応募者同様に採用試験をおこないます。

この記事では、なぜ最近リファラル採用が広まりつつあるのか、その理由を詳しく説明するとともに、リファラル採用のメリット、デメリットについて解説します。

 

1.なぜ今リファラル採用が広まっている?

背景にあるのは人手不足と定着率の低下

Young man under pressure between two stone walls

超売り手市場と言われる昨今。各企業、多額の採用広告費を投じても欲しい人材が集まりにくくなっているのが現状です。

また、終身雇用が前提だった従来の働き方が成立しなくなり、「1度や2度の転職が当たり前の時代」へと変わりつつあります。

 

 

2.リファラル採用のメリット

(1)採用コストがかからない

Business woman saving money in a piggybank - isolated最大のメリットはこれかもしれません。

求人サイトや人材紹介会社へ払う高額な費用を抑えることができます。

リファラル採用を推奨する企業では紹介した社員に報酬を支払う制度を設けているところもあると思いますが、高めに設定している企業でも10万円ほど。

人材紹介会社への手数料は採用者の年収の3割を支払うケースがほとんどですので、それに比べたら相当安いことがわかります。

 

(2)通常の採用より定着率が高い

Portrait of young couple not having money紹介される側は、職場の雰囲気や年齢層、同じ部署になる人達のことなど、紹介者から詳しい情報を聞き、応募するかしないかを決めることになります。

応募前にある程度会社のことを知っておいてもらえる分、選考中・入社後のミスマッチを防ぐことができ、定着率向上に繋がります。

 

 

3.リファラル採用のデメリット

(1)人材が偏る可能性

Group of people social networking on a cell phone - isolated over whiteリファラル採用で紹介される人物は、出身校や前職など、紹介する側の人間と何かしら共通点を持っているパターンが多いもの。

属性の似た人を集めたい場合にはちょうどいいですが、さまざまなタイプの人材を採用したい場合は不向きです。

また、似た属性の人が集まることで、社内に派閥ができてしまうこともありますので注意が必要です。

 

(2)人間関係で揉めるリスク

Closeup side view profile portrait mad angry upset hostile young businesswoman, worker, furious yelling hands in air, isolated background office windows. Negative emotions, facial expression, reactionリファラル採用はコネ採用と違うため、「不採用」になる可能性も十分あり得ます。不採用だった場合に起きがちなのが、紹介した人と紹介された人との関係がギクシャクするケース。

必ず採用されるわけではないことを理解してもらった上で試験を受けてもらうようにしましょう。

 

 

おわりに

Rear view of a group of friends hugging - isolated over a white background

リファラル採用では、社員自身が「友人・知人に薦めたい会社」と思っているかどうかも重要です。

デジログでは引き続き、効率的な採用活動や、社員のモチベーションアップにつながる企業のインナーブランディングに関する情報を発信していきます。

 

ぜひ更新通知メールの登録をお願いします。

メールで更新情報を受け取るメールアドレスを登録していただくと
「デジログ」の更新情報が届きます!
Facebook、Twitterでも更新情報を発信中!