コンテンツマーケティング(SNS、オウンドメディア) の最新情報をわかりやすく伝えるブログ
  • twitter
  • facebook
  • お問い合わせ

新潟県内でSNSを利用している企業のうち成果を得られたのは4割!地方企業がSNSで成果を出すための基本的な考え方

joshua-coleman-kFRKvJQtNHg-unsplash
  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
地方企業の皆さん、SNSアカウントは持っていますか?
「SNSを始めようとは思ってるけどまだ手をつけられない」
「SNSの運用方法がよくわからない」という担当者の方も多いと思います。

この記事では地方企業(新潟県内)のSNS利用の実態について紹介します。
地方企業・中小企業がSNSアカウント運用をする上での基本的な考え方もまとめましたのでぜひチェックしてください。

 

1.地方企業のSNS活用の実態

SNSを利用している地方企業は3割(新潟県内)

2019年8月、新潟県内の企業を対象にした、SNSアカウントの利用状況に関する調査結果が発表されました。

その結果がこちらです。

 

スクリーンショット 2019-08-21 11.00.11

 

新潟経済社会リサーチセンターの調査結果をもとに作成)

 

 

詳しい調査結果については、新潟日報の記事で取り上げられています。

この記事によると、

 

SNS利用企業のうち、SNSでの情報発信による成果が「得られた」とした企業は43.4%。

成果があったかどうか「どちらともいえない」と回答した企業が46.2%だった

とのことです。

 

「やっぱり地方企業ではSNSを利用しても意味ないのかも」

と思われるかもしれません。

 

しかし、ここからが本題です。

 

2.地方企業がSNSで成果を出すには

「成果があったかはどちらともいえない」と回答した企業の中には、

成果の出るSNS運用方法がわからない

SNS運用考え方がよくわかっていない

という企業も多いのではないかと推測できます。

 

そこで、SNSマーケティングの仕事をしている立場から、

「地方企業がSNSで成果を出すためにおさえておいてほしい、基本的な考え方」

についてまとめました。

 

 

(1)SNSは戦略を立てて運用するもの

スクリーンショット 2019-08-21 11.55.39
  • 情報を届けたいターゲットのペルソナ

  • 使うべきSNSの選定

  • アカウントのコンセプト

  • 発信内容や更新頻度

  • 競合他社の分析

  • 目標設定(フォロワー数や投稿数など)

 

まずは上記7項目について自社のアカウントで考えてみてください。

この準備をおろそかにすると、ターゲットとなるユーザーに情報が届かず、思うような成果が出なかったり、更新が滞ってしまう事態にもなりかねません。

 

「誰にどんな内容を届けたいのか」

「その結果どんな行動を起こしてもらいたいのか」

SNSアカウントを作る前に、しっかり定めておきましょう。

 

 

【関連お役立ち資料】

情報を発信したいターゲット(ユーザー層)によって使うSNSも変わります。

どのSNSを使おうか迷っている担当者様は、こちらもぜひご活用ください!

自社で活用すべきSNSがわかる!Facebook・Twitter・Instagramの基本〜SNS選びで迷った時の診断ページ付き〜

 

(2)定期的な振り返りは必須

  • リツイートやシェアが多かった投稿
  • いいねやコメントが多かった投稿
  • フォロワー数の増減
  • フォロワーの反応が多い時間帯

 

これらについては、最低でも月1回振り返りを行ないましょう。

ユーザーの反応や人気投稿の傾向をしっかり振り返ることで今後の改善につながります。

 

(3)すぐに成果を求めない

SNS運用の成果はすぐに出るものではありません。

手間と時間をかけてアカウントを育成し、認知拡大→ファン増加→売上UPへと結びつくものです。

 

時間のかかるものだからこそ、初期の戦略設計・定期的な振り返りは非常に重要です。

長期的な視点を持って運用することが、質の高いファン醸成にもつながります。

 

関連記事:SNSごとのユーザー数も掲載!人気SNSの違いと特徴をまとめました(Facebook・Twitter・Instagram)

(4)「バズる」より「心を動かすこと」が大事

「バズる」とは…

Web上で一瞬のうちに爆発的に拡散された状態のこと。

例)Twitterで普段フォロワー100人前後のアカウントがある投稿だけ1万リツイートされる、といった状況。

 

企業でSNSを担当している人の中には

「とにかくなんとかしてバズりたい」

「一気にたくさんの人に見てもらいたい」と思っている方もいると思います。

 

しかしバズを狙うだけではファン獲得はありえません。

SNSで大きな力を持つのは、一般ユーザーのクチコミです。

そのため、大切なのはユーザーの心を動かすこと

 

スクリーンショット 2019-08-21 11.22.52

 

上記の表は、SNSでシェアしたくなる「感情の引き金」をまとめたもの。

この中のどれか1つでも含まれるようなコンテンツづくりを意識するようにしましょう。

それだけでユーザーの反応が変わってきます。

特に、「発見」「共感」につながる内容はシェアされやすく、ファンがまた新たなファンを連れてきてくれる可能性が高まります。

 

関連記事:1分でわかる!ユーザーがTwitterの企業アカウントをフォローするきっかけと、企業アカウントの重要度!

 

3.おわりに

joshua-coleman-kFRKvJQtNHg-unsplash

 

新潟県の場合、県内企業のうち3割しかSNSを活用していないのが現状。

ライバル企業が何もしていない今がチャンスです。

 

私の会社でも、新潟・北陸の企業を中心に、幅広い業界のSNSアカウントの運用し、成果へと結びつけています。

初期の戦略設計はもちろん、投稿内容の企画、SNSを活用した広告配信やキャンペーンの実施、分析・改善まで、トータルプロデュースが可能です。

 

すでにお持ちのSNSアカウントに関しての相談も承りますので、お気軽にご連絡ください。

 

無料相談はこちら

 

デジログでは引き続き、企業のSNSマーケティングに関する情報を発信していきます。

もし「こんな情報を取り上げてほしい」などありましたら、そちらもぜひ上記ボタンからお問い合わせください。

メールで更新情報を受け取るメールアドレスを登録していただくと
「デジログ」の更新情報が届きます!
Facebook、Twitterでも更新情報を発信中!