コンテンツマーケティング(SNS、オウンドメディア) の最新情報をわかりやすく伝えるブログ
  • twitter
  • facebook
  • お問い合わせ
2019.09.18

Googleの「アクティビティ機能」使い方と削除方法|過去の検索履歴や行った場所がわかる!一定期間で削除も可能

スクリーンショット 2019-09-18 9.40.51
  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする

2019年1月、Googleが米国ユーザー向けに新たな機能をリリースしました。その名も”アクティビティカード”。

ユーザーが過去に訪問したサイトをまとめて表示し、検索行動を助けてくれる機能です。

この記事ではGoogleのアクティビティ機能の使い方や削除の仕方、新機能について紹介します。

1.Google「アクティビティ」とは

(1)検索履歴・再生履歴などがわかる

googleアクティビティ機能

私たちがGoogleアカウントにログインした状態でGoogle検索、YouTube、Chromeブラウザなどのサービスを利用すると、Google側にそれらの行動が自動的に保存されます。

上記画像の左は、私デジオがゴルフの練習方法について調べた時のYouTube再生履歴。

右側は、メガネを新調したくなったのでネットで色々見た閲覧履歴です。

 

「過去にどんな動画を再生したか」「どんなページを閲覧したか」などが後から確認できる便利な機能なんです。

(2)どこにへ行ったかも記録される

アクティビティ行動履歴google

また、Googleマップ上で、過去に行った場所(ロケーション履歴)も確認できます。

「何月何日どこに行ったか」「そこでどんな写真を撮ったか」なども記録されます。

上記画像は、ある日の私の行動履歴です。

セブンイレブンに行った後、車検のコバックに向かい、1時間ほど滞在していたようです。

タイヤ交換でもしたのでしょう。

 

アクティビティ訪問

また、Googleでお店などを検索した際には、「この店に行ったことがあるか」なども確認できます。

 

(3)アクティビティの削除方法

ここまでアクティビティ機能の概要を紹介しましたが、

「自分の行動が全て把握されていて、恥ずかしい」と心配になった方もいると思います。

閲覧履歴や行動履歴は削除可能です。

簡単に、アクティビティの削除方法も紹介します。

 

1.パソコンでGoogleにログインし、左上の「データとカスタマイズ」をクリック

googleアクティビティ削除手順

 

2.「アクティビティとタイムライン」の「マイアクティビティ」をクリック

googleアクティビティ削除毎アクティビティ

(マイアクティビティは下の方にあります。)

 

3.「アクティビティを削除する基準」→「全期間」を選択

スクリーンショット 2019-09-18 10.19.19

削除ボタンが表示されるので、それをクリックすれば、全期間の行動履歴を削除できます。

もちろん、任意の期間でも削除できます。

 

2.2019年1月登場「アクティビティカード」

(1)アクティビティカードとは

「あのサイトもう一度見たい!でもどのサイトだったっけ?」

と思うこと、ありませんか?

それを解決してくれるのが『アクティビティカード』です。

2019年1月に米国ユーザー向けにリリースされました。(2019年9月時点で日本は未提供)

 

検索したキーワードに合わせて過去に訪問したサイトが「検索結果の1番上」にまとめて表示される仕組み。

これによりユーザーは過去に閲覧して「いいな」と思ったサイトに簡単に辿り着くことができます。

『コレクション』という機能を使って、後で読み返すためにWebページを保存することも可能になりました。

 

(2)アクティビティカードの表示場所 

アクティビティカード 検索画面

 引用:https://www.blog.google/products/search/helping-you-along-your-search-journeys/

 

アクティビティカードは検索結果の1番上に表示されます。

そして通常の検索結果はアクティビティカードの下への表示となります。

つまり、通常の検索結果で1番上、上位に表示されているサイトであってもアクティビティカードには敵わず、アクティビティカードの下に表示されることとなります。

これにより検索からのサイト流入の流れが大きく変わってくる可能性が考えられます。

 

3.2019年5月登場「アクティビティの自動削除」

色々履歴が残るのをいちいち消すのは面倒…と感じている方も多いでしょう。

Googleでは「一定期間経過後、アクティビティを自動で削除する」という機能もリリースしています。

(1)自動削除設定方法

1.パソコンでGoogleにログインし、左上の「データとカスタマイズ」をクリック

googleアクティビティ削除手順

 

 

2.「アクティビティ管理」で「ウェブとアプリのアクティビティ」をクリック

アクティビティ

 

3.検索入力スペース右端をクリックし「保存期間の設定」を選択

保存期間あくてアクティビティ

 

 

4.18ヶ月or3ヶ月保存するように設定

18monthor36monthこの設定を行なうことで18ヶ月or3ヶ月経過したアクティビティは自動で削除されます。

おわりに

新機能を活かすなら良質なコンテンツ作りが鍵

2019年9月現在、日本にはまだアクティビティカードが導入されていません。

仮に導入された場合、ユーザーは複数のページを何度も遷移することなく、特定のページにだけ素早く辿り着くことができるようになることが予想されます。

ユーザーがいくつものWebサイトを巡回しないで済むため、自分のサイトを見てもらえなくなる可能性も大いにありえます。

鍵を握るのは「ユーザーが何度も訪問したくなるサイトかどうか」

私デジオもデジログを何度も見てもらえるメディアにできるよう、精進します!

 

メールで更新情報を受け取るメールアドレスを登録していただくと
「デジログ」の更新情報が届きます!
Facebook、Twitterでも更新情報を発信中!