コンテンツマーケティング(SNS、オウンドメディア) の最新情報をわかりやすく伝えるブログ
  • twitter
  • facebook
  • お問い合わせ

広告市場は6兆円超。インターネットがテレビを超える!? 日本の広告費市場の変化とは。

190320_インターネット広告 (1)
  • twitterでシェアする
  • facebookでシェアする
  • LINEでシェアする

スマートフォンやタブレット端末の普及によりインフラの一部となったインターネット。それを追うように配信が増え続けているインターネット広告

1年間で一体どれくらいのお金がインターネット広告に投資されているのか皆さんはご存知ですか?

今回は日本のインターネット広告費について考えます。

 

日本の総広告費

 ~市場規模の大きさ~

今現在、日本全体の広告費がどれくらいの規模なのかご存知ですか?

株式会社電通が毎年発表している「日本の広告費」によると、2018年の総広告費は6兆5300億円。ちょっと数字が大きすぎてピンとこないですね。わかりやすい数字と比べてみましょう。

では、日本の国家防衛費が毎年いくらかご存知ですか?日本の国家防衛費は毎年約5兆円。この数字からみてもいかに広告費の市場が大きいかが見て取れます。

日本の広告費

引用元:http://www.dentsu.co.jp/news/release/2019/0228-009767.html

 

日本の総広告費を4媒体広告費(マスメディア広告費)別でみると

【テレビ(地上波)】1兆7600億円

【ラジオ】1278億円

【新聞】4784億円

【雑誌】1841億円

やはり4媒体の中ではテレビ広告費の市場規模が圧倒的に大きいのが一目瞭然です。

 

インターネット広告費

 ~急成長を遂げるインターネット広告市場~

さて本題のインターネット広告費ですが、上述の4媒体より少ないと思っていませんか?

なんと今や日本でのインターネット広告費は、総広告費の約27%を占めています。その額なんと1兆7500億円

広告の主役といえば長きにわたり『テレビ広告』でしたが、2018年インターネット広告費は、ついにテレビ広告を追い抜く勢いです。

インターネット広告の市場規模は急速に拡大。毎年10%以上成長しており、2010年には7700億円程だったものが10年足らずで倍以上に成長していることになります。この数字からもこの10年でインターネット広告を導入する企業が確実に増えていることがわかります。

また、デバイス別にみると『モバイル広告』は1兆円を突破しインターネット広告媒体費のうち約7割を占めています。インターネット広告市場の中でも広告のモバイル化は進み、スマホユーザーに見やすい広告配信をすることが今、最も重要となっています。

190320_インターネット広告 (1)

電通「日本の広告費」を基に作成 

http://www.dentsu.co.jp/knowledge/ad_cost/

 

 

まとめ

 ~地方でこそインターネット広告を~

広告市場を牽引してきたマスメディア広告市場。これに追いつく勢いで成長を続けているインターネット広告市場には、まだまだ成長の余地があります。

日本全国、世界へも広告を配信できるインターネット広告。地方で頑張る企業にこそインターネット広告は有効と言えるのではないでしょうか。また、まだまだ地方ではマスメディア広告を主軸と考える企業が多いのも事実です。今こそインターネット広告へスイッチする時が来ているとも言えます。

成長著しいインターネット広告市場が、今後どこまで成長していくのか更に期待しましょう。

メールで更新情報を受け取るメールアドレスを登録していただくと
「デジログ」の更新情報が届きます!
Facebook、Twitterでも更新情報を発信中!